うつ病の発症をチェックで発見しよう、自己判断は禁物

心療医療ナビ

チェック項目

自分がうつ病を発症させているかどうかを知る為のセルフチェックには、多くのチェック項目があります。食欲や倦怠感の有無や、睡眠を取れているかなどのチェック項目があるでしょう。

read more

まずはチェック

うつの可能性を感じた場合は

うつ病というのは決して特別なものではなく、誰もがかかる可能性を持っていて、それゆえ日常から気を付けていなければいけないのです。もっともいまだ研究は完全には進んでおらず、なんとなくの発祥の原因は分かっていても、絶対にといえることはなく、そのために予防といっても基本的なことくらいしかないのです。ストレスをためない、規則正しい生活を送る、その二点をチェックして当てはまっているのなら、まだ大丈夫だといえるのです。しかしながら社会生活を送っていると、そういったチェック項目をクリアしている人のほうが少なく、それゆえ誰でもうつ病を発症する可能性をもっているのです。それゆえ時に自分がうつ病でないか、チェックする必要があるのです。

セルフチェックを行ってみること

もしもうつ病かもしれないと疑いを持った場合、即座に病院に行って診察を受けようと思う人はあまりいないかと思われます。今の日本ではそういった精神的な病気に対して好意的になってきているとはいえ、まだまだ偏見の目は強いものなのです。特に会社勤めなどをしている場合、下手するとクビになる恐れもありますので、周囲に対して隠そうとしてしまうのです。そんな時にはとりあえずセルフチェックを行うのがよく、インナーネットのウェブサイトなどにありますので、そちらをやってみてください。それでもしもうつ病の可能性が高い時には、医師の診断を受けたほうがいいのです。 早めの診断、そして治療に取り掛かるのが最も良い方法になるのです。

チェックリストはあくまでも「うつ状態のあなた」を診るものです

各医療機関において、うつ症状を認めた患者がうつ病の気があるのかどうかを診断する材料として チェックリストが使われることがあります。 チェックリストのうち、特に重い症状にチェックがつけられており、その状態が2週間以上続く場合、 うつ病の疑いが強くなります。 しかしながら、うつ病のチェックリストそのものはうつ症状に対する患者の解決策にはなりえません。 また、うつ病のチェックリストだけでは、本当にその患者がうつ病がどうかは判断できないのです。 なぜなら、チェックリストの項目はうつ病の症状を列挙しているものであり、 患者各々が「なぜ、どのような形で」うつ病になってしまったのかを占うものではないからです。 また、うつ病と混同されやすい症状をもつ「適応障害」によるうつ症状もあります。 うつと適応障害の症状は似ていますが、中身は別物の障害なのです。 チェックリスト自体は、「結果としてうつ状態になってしまった患者」のためのものであり、 本当にうつ病かどうか、さらに根本的な解決策が何であるのかという問題は、 医師やカウンセラーとともに乗り越えてゆくものなのです。

リストの項目の中には「重症の項目」と「軽症の項目」があります

うつ病のチェックリストによる診断は、インターネットでも簡易なものによって無料で利用できます。 多くのチェックリストの項目は、ただただうつ症状とみられる問題を列挙しているものです。 ただ、この並べられた症状のうち、「これが当てはまっているだけでうつ病の可能性が高まる」という 症状と「これだけではまだうつとまではいえない」という症状があるのです。 前者の症状として代表的なものが 「一日中憂鬱であり、なにのやる気もおきない」という項目と 「なにも楽しくなく、つまらない」という項目です。 これらの症状が2週間以上認められた場合、うつである可能性が高いと見られています。 後者の症状としては典型的な「抑うつ症状」が挙げられます。 例えば「気分の落ち込み」や「ぼんやりとする」などのものです。 チェックリストを活用するには、自分がどのレベルの症状を持っているのかを見て、 その症状が起きたタイミングと原因を考えることが大切です。

うつ病を知る

うつ病を改善させる為には、うつ病がどういったものかを知る必要があるでしょう。発見が遅くなると完治が遠くなります。自己チェックを行うことが重要です。早めの治療を行ないましょう。

read more

無料で確認

うつ病は簡単なセルフチェックを行って、可能性の有無を調べることが出来ます。セルフチェックはネットを活用して無料で行えるでしょう。うつ病の度合いを知ることが出来るセルフチェックもあります。

read more

発症する原因

多くの人が生活の中でストレスを感じることがあるでしょう。そのストレスが原因でうつ病になることがあります。人によって異なる為、自分で発症の有無を確認するには、目安として無料のセルフチェックを活用しましょう。

read more

疲れを溜めると

私生活の中で疲れを溜めすぎると、うつ病を発症させる可能性を高めてしまいます。普段から自分の心の調子を常にチェックして、疲れとストレスを溜め込まないようにしましょう。

read more